【プレスリリース】2018年上半期の国内販売で「ノート」が登録車No.1を獲得、併せて、「セレナ」がミニバン No.1を獲得

日産のノートが2018年上半期登録台数No1になりました!そしてセレナはミニバン部門でNo1になりましたよ!

ノート 買取セレナ 買取

それでは日産のプレスリリースになります。

日産自動車、2018年上半期の国内販売で「ノート」が登録車No.1を獲得、併せて、「セレナ」がミニバン No.1を獲得

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は5日、同社の「ノート」が2018年上半期(2018年1月-6月累計)の販売で、73,380台を記録し、国内の登録車*1販売ランキングで第1位*2を獲得したと発表しました。
さらに、「セレナ」の販売台数は56,095台と、2018年上半期のミニバン*3NO.1を獲得しました。

ノート」は、新電動パワートレイン「e-POWER」が多くのお客さまから高い評価を頂き、2017年暦年および2017年度で、名立たる競合車に大差をつけ、コンパクトセグメント*4でNO.1を獲得しておりましたが、今回、日産車として48年ぶり(1970年上半期「サニー」以来)に、国内登録車NO.1の座を奪還しました。
これは、e-POWERの100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性に加え、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに行うことが出来るe-POWER Driveの利便性が高く評価されたことによります。
実際に「ノート」をご購入されたお客さまの約7割が、e-POWER搭載車を選択されています。

また「セレナ」は、2016年8月の発売以降、ミニバンとしての高い基本性能・装備と共に、 高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を中心に評価を頂いて参りましたが、更に2018年3月の「e-POWER」搭載車の追加により、さらにお客さまから高い評価を得て、ミニバンNo.1を獲得致しました。

e-POWER搭載の「ノート」および「セレナ」が、高く評価されていることは、技術の日産が推し進める「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みが、多くのお客さまに受け入れて頂いていることを物語っています。

100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな加速性能と優れた静粛性や、アクセルペダルの踏み戻しだけで、加速から減速までを意のままに操作できる新感覚のドライビングを実現した「e-POWER」。そして、高速道路においてアクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、渋滞走行や長時間の巡航走行時の運転負荷を低減する「プロパイロット」。
これらは、まさに「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化した技術です。

日産は、「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進め、多くの革新的な技術を幅広い車種に採用してまいります。

*1 登録車:軽自動車および海外ブランドを除く普通乗用車
*2 国内新車販売台数は、自販連調べ
*3 ミニバン:3列シートの国産車
*4 コンパクトセグメント:総排気量1600cc以下の小型・普通乗用車

以上がプレスリリースになります。